小林と過ごす日常

面白いと思う人には面白いらしいです。

エールを送ろう

お疲れ様です。

小林です。

 

バイクに乗っていた時の事です。

 

前のピザの配達のバイクが急旋回。

 

危ない!

 

危険な運転のせいで転びそうになったので、

さすがの小林も少しキレました。

 

しかし、普段キレる事に慣れていないからか

去り際に

 

「おい!しっかり届けてくるんだぞ!!」

 

と意味不明なエールを送ってしまいました。

悔しい。

 

上手にキレられる人になりたい。

 

にしてもあいつは上手く届けられたのだろうか。

 

f:id:mr_koba:20161003230354p:image

 

 

親知らずで軽く死にかけている 小林

鉱物大好物 〜石に意思を奪われた少年〜

お疲れ様です。

小林です。

 

よくCMでやっている

「月間○○!初回号は特別価格にてご提供!」

みなさんは目にした事はあるでしょうか。

 

○○の中はスポーツカーやドローンなど、

毎号様々な付録がついてくる

分冊百科と呼ばれる出版物の事です。

 

小林が小学4年生の時、

本屋さんでこんな物を目にしました。

 

f:id:mr_koba:20160925023429p:image

 

「毎週、世界中の宝石、鉱物が付録!!」

 

「初回号はルビーがついて290円!!」

 

小林少年はそれを見てこう思いました。

「これ買って磨いたりして売れば、高く売れるんじゃないの??」

 

「デパートの指輪コーナーで見たルビーの指輪は10万とかしたのに、これは290円!しかも、指輪より大きい!!絶対お得!!」

 

この時の小林は「原石」と言う言葉と、

それを磨く為の費用が頭にありませんでした。

 

特別価格こそ290円ですが、

それ以降は790円。

それを2週間に1度のペースで購入しなければなりません。

 

当時の小林は少年のお小遣いは1600円。

この雑誌を買ってしまうと残り20円で

生活をしなくてはなりません。

 

そんな事が可能なのでしょうか?

 

〜1年後〜

 

小学5年生となった小林少年は相変わらず

雑誌を購入していました。

f:id:mr_koba:20160925024342j:image

 

f:id:mr_koba:20160925024414j:image

f:id:mr_koba:20160925024437j:image 

 

相変わらずギリギリの生活を続けている小林少年。

すっかり人付き合いが悪くなり、周りの友達からは

「頭おかしい」とシンプルに悪口を言われていました。

 

家に帰ってもひたすら大好物の鉱物を

眺めている小林少年に対して、

母親は話しかけて来ました。

 

「かれこれ1年になるわよね。まだ続けるの?」

 

「ま、まだとは何だい!最後まで続けるよ...!」

 

「最後っていつよ?」

 

「119号だから残り94回買ったら終わる」

 

「94回ってあんた...中学2年生になってるわよ」

 

「中学生かぁ...そん時が楽しみだ...」

 

石に意思を奪われた小林少年に話が通じる訳がありません。

 

しかし、ある事件を持って小林少年の趣味は

終わりを迎えることとなったのです。

 

雑誌が1月に3回発売

 

月の曜日の巡り合わせで1月に3回、

雑誌が発売される事になったのです。

 

小林少年、死ぬほど悩んだ。

悩んで悩んだ挙句、

小学2年生の弟から金を借りようとするも

親を通じて断られ、ついに3回目の雑誌を買う事が出来なかったのです。

 

その瞬間、小林少年の心がプツリと切れ、

鉱物雑誌集めの趣味は終わりを迎えました。

 

石に意思を奪われていた小林少年は

1年ぶりに心を取り戻し、友達と普通に遊ぶ

普通の少年に戻る事が出来ました。

 

少年とはダイヤモンドのように硬い意思を

持ち、ルビーのような赤い情熱を持った

生き物です。

サファイアのように冷静な心を持って

エメラルドのような穏やかな気持ちで

見守ってください。

 

現在もショッピングモールに入っている

STONE MARKETを見かけると

 ウズウズとしてくる 小林

 

 

 

 

シロクマと少年〜旭山動物園にて〜

 

お疲れ様です。

小林です。

 

バイクで北海道の旭山動物園に行ってきた時のこと。

 

旅のテンションもあるのでしょうが、

小林は想像以上に楽しんでいました。

 

「なにかお土産を買いたいな...だけどバイクだとかさばる物は買えないな....」

 

そんな小林の視界に触れたのが

 

f:id:mr_koba:20160922233526p:image

 

ガチャガチャ。

これならちょうどいい。

よし、回すか。ガチャガチャ。

 

f:id:mr_koba:20160922233604j:image

 

出たのはシロクマ。

特になんの動物に思い入れもない小林は、

それをポケットに入れて帰ろうとしました。

 

すると後ろに立っていた少年の声が。

 

「シロクマが出れば全部出るのに...お母さんからこれ以上お金を頂くことも出来ないし、あと1回で出る気はするのに...困った...。」

 

劇団員のような演技っぽいセリフを発する少年。

小林がシロクマを出したことに気づいているのでしょうか。

別にシロクマはあげてもいい位の思い入れしかありません。

 

どうしようか悩んでいると

「もう帰るよ!」と少年のお母さんの声。

 

「はい...今行きます...。」

少年はガチャガチャに背を向けて

トボトボと歩き出しました。

 

ここでシロクマを少年に渡さないと、

少年は一生シロクマと出会う機会がない

そんな気がした小林は声を掛けました。

 

「あの〜」

 

子「は、はい!」

 

「良かったら、今シロクマが出たんだけど、

これあげましょうか?」

 

子「えっ!!......お母さん!お母さん!」

 

母「どうしたのよ〜」

 

f:id:mr_koba:20160922234419j:image

 

子「(小林に手のひらを向けながら)こちらの方が...!シロクマを譲ってくださるそうです!」

 

母「えぇ〜、いいんですか〜?」

 

「いやぁちょうど出たんで、良かったらどうぞ」

 

子「シロクマ...!」

 

「そんなに出なかったの?」

 

子「はい、かれこれ3000円分は使わせて頂いたのですが...出ずに...」

 

「(課金しすぎだろ)良かったですね、はいどうぞ」

 

子「....!!!ぜひ...お礼させてください!」

 

「じゃあ同じガチャガチャを1回分でいいよ〜」

 

f:id:mr_koba:20160922234419j:image

 

子「お母さん!こちらの方にガチャガチャをお願いします!」 

 

ガチャガチャに100円玉を詰めるお母さん。

 

ゴロンゴロン。

 

「ありがとね。良かったね。」

 

子「はい!!この度は....ありがとうございました!!」

 

少年は深々と礼をしてお母さんと帰って行きました。

 

親切をすると気分が良いものです。

 

そうだ、あのガチャガチャは何が入っていたんだろう。

 

カポッ

 

f:id:mr_koba:20160922235336j:image

 

結局お前かい。

 

小林

 

 

 

街のインドカレー屋さんへ行こう

お疲れ様です。

小林です。

 

f:id:mr_koba:20160921150610j:image

 

街のインドカレー屋さん。

みなさんの街にもきっとあるでしょう。

そしてきっと独特のオーラをまとっている為に入りづらいでしょう。

 

今日はそんな街のインドカレー屋さんと

小林のエピソードをお話しします。

今回のインドカレー屋さんは大学の近くのインドカレー屋さんです。

 

この記事を通してみなさんも

自分の街のインドカレー屋さんに

行ってみたくなって頂ければ幸いです。

 

 

 

〜Episode1〜

 

ある雪が降るような真冬の出来事。

 

俺「雪、凄いですねぇー」

 

「ユキハジメテ」

 

俺「そっか、あっちじゃ降らないですもんね」

 

「マイホームノ、コドモシャシンミセマシタ」

 

俺「なんて言ってました?」

 

「スゴイ!パパ、オミヤゲ!」

 

俺「かわえぇ」

 

和んだ。

 

 

 


〜Episode2〜

 

春休み目前の時の出来事。

 

「ハルヤスミー?」

 

俺「はい」

 

「ドカイクノー?」

 

俺「どっか旅にでも行こうかなと思ってます」

 

「ネパールイイヨー」

 

俺「えっ、なにかいいとこあるんですか?」

 

「ワタシノ、カゾクガ、イマス」

 

俺「なるほど。そりゃいいとこだ」 

 

和んだ

 

 

 

〜Episode3〜

 

俺「うわぁ、珍しく混んでるな」

 

『ゴメンネ、カウンターダケ』

 

俺「カウンターでもいいですよ〜」

 

『ゴメンネゴメンネ』

 

しばらくして

 

『カウンターダカラ、ゴメンネサラダデス』

 

俺「えっ、いいんですか?」

 

『ソウ、ゴメンネサラダデス』

 

俺「ゴメンネサラダ?」

 

『ゴメンネサラダ』

 

ありがたくゴメンネサラダを頂きました。

 

 

 

〜Episode4〜

 

駅前でチラシを配っている店員さん。

 

俺「こんちわ。みんなもらってくれてる?」

 

『マダ、ゴニンノヒト。』

 

俺「チラシ配るのも大変ですよね」

 

『デモ、ゴニンノヒトモラッテクレタ。ウレシイデス。』

 

俺「そのポジティブさ、好きですよ。」

 

 

 

〜Episode5〜

 

大学卒業、最後の日。

初めてゼミの仲間と先生を連れて

インドカレー屋さんへ。

 

俺「ここが例のインドカレー屋さんよ。美味しいでしょ?」

 

「美味しい美味しい!もっと早く知ってたら良かったな〜!」

 

『サイゴ?ソツギョウ?』

 

俺「そうなんですよ。寂しいですね。」

 

『マッテテ』

 

数分後、大量のチーズナンを持った店員さん。

 

『イツモアリガトネ。アリガト。』

 

俺「嬉しいなぁ...。」

 

お店を出る際にコックさん、新人のウェイターがゾロゾロとフロアへ。

 

『アリガト、ゴザマシタ〜!』

 

その日のカレーは目にしみたのか、帰りの道はぼやけていた。

 

 

f:id:mr_koba:20160921221509j:image

 

あなたも少し勇気を出して、街のインドカレー屋さんへ行ってみませんか。

 

1000円で美味しいナンとカレー、

身も心も暖まる事が出来るかもしれません。

 

 

 

日本印度化計画

日本印度化計画

 

 

 

世界をインドに変えてしまえ 小林 

 

ネットで叩かれた話。

お疲れ様です。

小林です。

 

小林はネットで叩かれた事があります。

 

今から数年前。大学生の時の話です。

 

友達のK君が店長をやっている小物屋さんが

有名になった結果、某国営放送

取り上げられるという事で、小林がお客さんとして

インタビューを受ける事になりました。

 

撮影当日。

カメラ、照明、インタビュアー(おそらくディレクター?)に囲まれながら取材スタート。

 

まずは友達がお店のコンセプトなどをスラスラ〜っと話していました。

 

次に小林の出番。

 

「お客様からすると、こちらのお店で扱っている商品をどういう風に感じられますか?」

 

ここで小林の悪い癖。ウケ狙いが発動。

 

「う〜ん、言うならば...ただのアクセサリー。ではなくて、同じ時を過ごしていく相棒のような存在....そうですね、相棒です。」

 

「英国風のファッションをされていますが、ファッションともよくお似合いですね。」

 

「ありがとうございます。存在感はあるものの、ファッションの邪魔をしない、そういうところが気に入っています。」

 

その後もこういうノリで話し続けた小林。

インタビュアーはさすがプロ。

相手の気持ち悪いテンションを一切表情に

出さないで進行します。

 

そしてインタビューは終了。

 

数週間後に放送されるという事です。

 

「K君は放送見るの?」

 

「恥ずかしいから見ないよ...。小林は放送見るの?」

 

「俺、あんまテレビとか見ないから俺も見ないだろうね。」

 

〜数週間後〜

 

放送当日。小林はテレビの前に釘付けでした。

K君の前では興味のないフリをしましたが、

実際はドキドキものです。

なんなら家族にまで放送を見るように強制をし、自分は正座をしてレコーダーで予約までする始末。

一般庶民が全国放送に出られる機会などそうはありません。

今日は小林の晴れ舞台なのであります。

 

そして放送開始。ついに小林の出番。

 

「おっ、きたきた」

 

「お客様からすると、こちらのお店で扱っている商品をどういう風に感じられますか?」

 

「う〜ん、言うならばただのアクセサリー。ではなくて、同じ時を過ごしていく相棒のような存在....そうですね、相棒です。」

 

「うわっ、あんた恥ずかしくないの?」

 

母親が顔を歪めて言ってきました。

小林自身も自分が言っているセリフ、そして

ドヤ顔気味の表情が気持ち悪く感じていたところでした。

 

世間の反応はどうなんだろう?

 

小林は2ちゃんねるの実況板を開きました。

すると....

 

509 名前:公共放送名無しさん [sage] :

2012/○○/××(金) 22:43:03.71 id:kob_yashi

今のやつキモすぎワロタ

 

515 名前:公共放送名無しさん [sage] :
2012/○○/××(金) 22:44:06.29 id:swa55llows
英国風ってなんだ、英国風ブサメン乙

 

などとおびただしい数の言葉の暴力。

やわなハートがシビれる、心地の悪い時が続きました。

 

 顔の分からない人に叩かれる感覚、みなさんは経験がおありでしょうか。

どこにこの気持ちのはけ口を持って来て良いのやらが分からず、とりあえずテンションがあがってきます。

テンションがあがった小林は

 

572名前:公共放送名無しさん [sage] :
2012/○○/××(金) 22:47:13.61 id:ore58843

英国風ブサメン!イェーイ!!

 

などとその炎上に自ら加わっていました。

みなさんもネットで炎上した時には

とりあえず深呼吸をしましょう。

 

英国風 小林 

 

人気がでそうなガールズバーを考えた。

お疲れ様です。

小林です。

 

地方の歓楽街で上司に連れられて

嫌々ガールズバーに行きました。

 

しかし、普通の街にいそうなそこら辺の女の子が話し相手になってくれたおかげなのか、

キャバクラみたいに夜の女感がないからなのか

思っていたよりも小林は楽しめました。

 

そういえば、周りの女の子でもガールズバー

働いた事がある女の子はわりといたな...

なるほどな...あれならいいかも...

 

そう思いながらの帰り道にパッと浮かびました。

 

「人気が出そうなガールズバー

 

コンセプトは「趣味」

 

店の女の子は自分の趣味や知識がある事柄をピンバッジでアピールしています。

 

野球が好きな子なら野球マークのピンバッジを付ける。

 

f:id:mr_koba:20160915200442j:image

 アメリカからの帰国子女ならアメリカのピンバッジを付ける。

 

f:id:mr_koba:20160915200523j:image

陰陽に詳しい子ならタオのマークを付ける。

 

お客さんからしても自分が話したいテーマを

話せる女の子が一目瞭然なので

 

「え〜ウケる〜」

「ヤバ〜い」

くらいしか会話の返しが出来ないペッパーくん以下の

ボギャブラリーの女の子を選ぶ可能性が減ります。

 

f:id:mr_koba:20160915204303p:image

 

また、女の子も自然と話が盛り上がる相手に

選んでもらう事でリピーターとなってもらう。

 

まさにwin-win

 

初対面だとどうしても当たり障りのない話しか出来ないので、深い話が出来ません。

その点、相手の趣味が分かっていればすんなりと仲良くなる事が出来ると思うのです。

 

このコンセプトの唯一の欠点。

それは...趣味のレベルが違いすぎるケース

 

例:「ヤクルトファン」のお客さんと女の子

 

お客さん:1970年代の安田、松岡時代からのファン

女の子:山田カッコいい!つば九郎かわいい!

 

これでは話がチグハグです。

 

ただ、こういう場合も知識が浅い方が深い方に教えて!」というスタンスでいけばむしろ盛り上がりそうです。

 

わりとグッドなアイデア

他にはどんなアイデアでやっているんだろうと

ちょっと調べてみました。

 

f:id:mr_koba:20160915204138j:image

 

銀座のキャバレー「白いばら」の女の人は

出身地を明記しているみたいです。

東京みたいに上京組が多い土地だと

同郷出身と言うだけで親近感が持てるのだと思います。

 

イデア1つでまだまだ稼げる世の中でありそうだという事がよく分かった小林でした。

 

もしもうあったら行ってみたい 小林

 

ハゲと白髪〜バカにつける薬はある〜

お疲れ様です。

小林です。

 

小林は小学生くらいから白髪が生えていました。

社会人になった今では地毛の半分が白髪です。

 

もはやブラックジャック

 

 

f:id:mr_koba:20160913160411j:image

こっちではない

 

今でこそ白髪が生えていれば

「小林のやつ、あんなに白髪が生えて苦労しているんだなぁ...」

と同情を買えるかもしれないのでオーライですが、

 

特に思春期の小林にとっては

非常に悩ましい体質でした。

 

また無駄に肌がデリケートなので

黒染めをすると皮膚炎になるので、

どうしようもありません。

 

そこで冬休みのある時。

小林は1つの行動に出ました。

 

「白髪、全て抜いてやる作戦」

 

まるで内職のおばちゃんのようにひたすら

白髪を抜き続けました。

 

そして冬休み明け...

 

小林少年はハゲていました。

 

坊主のそれとは違う、まさにハゲ。

 

女子のグループが指を指して笑っています。

 

野球部の坊主仲間からは

「リアルハゲ」

「ガチハゲ」

「ハゲキング」

 

などとハゲ三拍子の呼び名で呼ばれました。

 

思春期の小林にはもう限界でした。

 

ハゲを悩み、1週間学校を休みました。

 

休んでいる間、何をしたかと言うと...

 

「どうしたら毛が生える」

のかを真剣に考えていました。

 

「もう、白髪でもいい!とりあえず生えてくれ!頼む!」

 

あらゆる情報を駆使して見出した答。

資生堂 薬用アデノゲン EX 300ml

資生堂 薬用アデノゲン EX 300ml

それは「育毛剤」でした。

 

齢14歳にして育毛剤を使用する少年がどこにいたでしょうか。

 

また、育毛剤を買うお金などありません。

 

そこで小林は学校を休んでいる間、自転車に跨り毎日色々なドラッグストアへ訪れては

サンプルで置いてある育毛剤を片っ端から頭にブチまけました。

 

店員さんからすると

「中学生のハゲが片っ端からサンプルの育毛剤を頭にブチまけて、ポタポタと育毛剤を落としながら帰っていく。」

恐怖そのものだったと思います。

 

〜それから半月後〜

 

うっすらではありますが、ハゲていた箇所から毛が生えています。

奇跡です。小林はうっすらと生えた産毛を

我が子のように大事に扱いました。

それは産まれたての赤ちゃんを優しく扱う

お母さんとなんら遜色ない程の優しさでした。

 

無事、学校に戻った小林。

周りの友達と

「まだ陰毛生えてないけど、それかけたら生えるのかな?」

 

「かもしんないけど、ドラッグストアで股間に育毛剤かけてたら出禁になるよ」

 

などと言ったくだらない会話が出来るようになりました。

 

〜最後に〜

これから皆さんも白髪が生えてくるかもしれません。

その時はショックでしょう。さぞかしショックな事でしょう。

 

そんな時は頭に浮かべてください。

 

f:id:mr_koba:20160913171658j:image

吉川晃司の事を。

 

白髪は恥ずかしい事ではありません。

ハゲの100倍マシです。

 

白髪とハゲ、頭髪に関わるコンプレックスを両方経験した小林だから分かる結論です。

 

ハゲの人が見ていたらごめんなさい 小林